コーチング

優秀な人は複雑なことをシンプルに考える

hiroko
You Tubeラジオを聴いていて、思い出した出来事があります

優秀な人は複雑なことをシンプルに考える

こちらを視聴していて出てきた言葉。

 

実体験を思い出した

監査法人に転職し、簿記3級の勉強をしていた時、なかなか簿記の感覚を掴めず悩んでいたのですが、

銀行員時代の東大卒の同僚に何気なく話したら

「3級なんて振り分ける(仕訳する)だけじゃん」

と言われて ハッと しました。

そっか、振り分けるだけだ・・・

なんかすごく難しく考えていたな、と。

3級なんて振り分ける(仕訳する)だけ なんですよね、ホント。

そこを意識したら途端にスラスラ問題が解けるようになって、あっさり合格。

 

物事全てをシンプルに考えてみる

実は私は物事を深く考え込む、考えすぎるクセがあります。

若い頃からよく「考えすぎ」と言われていました。

カウンセラーさんから100点症候群と言われたこともあります。

これっておそらく実は他人軸で生きているからではないかと自己分析しています。

自分がどうしたいか、という自分軸ではなく

常に正解は何か、社会一般での正解(または親などの承認されたい相手からの期待)に合わせる考え方だからでなないかと思っています。

今ではだいぶ改善はされていますが、まだまだ無意識に他人軸になっていることがある。

そこをグイッと自分に軸を持ってくる、その指針を自分の感情(心地良さなど)にしてみる。

そうすると、物事はシンプルになり意外とあっさり解決するのかもしれませんね。

 

 

 

Official LINE

公式LINEにご登録頂きますと、
理想のキャリア(生き方・働き方)を実現するワークシートを
無料でプレゼント
しております。
その他、キャリアデザインやコミュニケーションスキルなどについても
発信していますので是非ご登録ください♡

友だち追加
  • この記事を書いた人

国家資格キャリアコンサルタント 保田比呂子

就職氷河期に新卒でメガバンクへ入行して以来、大手企業正社員として20年以上勤務。結婚・出産を経て、自身の仕事や働き方を見つめ直す。 フレキシブルな働き方や自分の才能を活かしながらやりがいを感じる仕事をしたい・・・と思うようになる中、自分がやりたいと思えるキャリアコンサルタント資格と出会う。資格を取得し40代でキャリアチェンジ。その後コーチ資格を取得。 現在はセッションの他、採用業務や講師業などを行なっている。

-コーチング