コーチング

その一言で大切な人を遠ざけているかも?!

無意識に相手の大切にしているものを傷つけているかも?

hiroko
何気なく言った相手の一言が自分の価値観と合わず、思わず自分の価値観を押し付けてしまっていることってあるかもしれないですね

これって言った本人は気づいていなくても、言われた方はその瞬間、心があなたからかなり遠ざかっている可能性があります。

自分の大切にしている価値観があるように

相手にも大切にしている価値観がある。

そこを理解せず、

相手の発言の本意や意図を確認しないまま

自分の意見(価値観)を伝えるのはキケンです。

なぜか?

相手がなんでも言い合える立場の人なら、おそらく

「そうじゃなくてね。こういうことなんだよ。」

と伝えてくれるかもしれないですが、

そこまでの関係性ではない場合

相手はきっとあなたからそっと離れるはず。

別にそれでも良い、と言うのであれば良いのだけれど、

大切な友人だったり、同僚だったり、クライアントだった場合は

どうでしょう?

※もちろん、子供にも価値観の押し付けはNGです。子供たちの大切な自己肯定感を大切に育みましょう♡

 

自分の意見を言うときは

まずは相手の価値観や大事にしていること、言葉の意味をきちんと確認する

そして、伝える時は押しつけではなくIメッセージで

大切な人の大切にしているものを大切にするために

基本的なコミュニケーションスキルは身につけることって大切だな、と思います。

営業・講師業・セッションなどをしている方にもオススメの

コミュニケーションに特化したコーチング講座を開講しています🌸

 

Official LINE

公式LINEにご登録頂きますと、
理想のキャリア(生き方・働き方)を実現するワークシートを
無料でプレゼント
しております。
その他、キャリアデザインやコミュニケーションスキルなどについても
発信していますので是非ご登録ください♡

友だち追加
  • この記事を書いた人

国家資格キャリアコンサルタント 保田比呂子

就職氷河期に新卒でメガバンクへ入行して以来、大手企業正社員として20年以上勤務。結婚・出産を経て、自身の仕事や働き方を見つめ直す。 フレキシブルな働き方や自分の才能を活かしながらやりがいを感じる仕事をしたい・・・と思うようになる中、自分がやりたいと思えるキャリアコンサルタント資格と出会う。資格を取得し40代でキャリアチェンジ。その後コーチ資格を取得。 現在はセッションの他、採用業務や講師業などを行なっている。

-コーチング